イギリスでビザ無しで仕事ができるでしょうか?

年々、移民に対しての取り締まりが厳しくなっているイギリスですが、近年では不法移民の強制退去を導入し、ビザを持たない不法移民が公共サービスを利用する場合や職に就く事の取り締まりをかなり強化しているので、ビザなしで職に就く事はまず不可能です。確かに、数多くある仕事の中には、ビザを必要とせずに外国人を多く雇う企業や、裏の雇用を行っている所もあります。

しかし、これらの職場はかなりリスクの高い雇用を行っているので、支払う給料が定められている額よりもはるかに少なくなっている場合や、労働基準法に違反する時間に働かせる場合もあるので、懸命な方法とは言えません。そして、万が一警察が介入をしてきた場合には、英国から強制的に退国させられる他、前科がつく事で再び英国に入国する事ができなくなってしまう可能性もあります。そこで、働きたい場合には必ずビザを取得する事と、裏の雇用ではなく合法に職を探す事が、自分の身の安全を守る為には非常に大切な方法と言えます。

また、この国で働く場合には、居住先の住所が必要になる事がほとんどで、携帯電話の契約や銀行口座を作る場合も、安定した収入、住所、国内に知人がいる事が大きな前提となっています。つまり、よほど大きなつながりがない限りは、ビザない状態で労働に着く事は難しいのです。そして、もしそのような職を見つけた場合でも、この国での移民取り締まりはかなり厳しくなっており、少しでも怪しい動きがある場合には、容赦なく退国命令が出されてしまうという事を知っておきましょう。