イギリスで就職している日本人が就いてる主な職業

ヨーロッパで、他の国と同様に就職率がかなり低くなっている国、それがイギリスです。この国では、一つのポストに対しての倍率が50倍になってしまう事もざらにある他、ロンドン市内には多くの外国人が居住をしている事から、非常に人気のある職業の場合には100倍以上の倍率になってしまう事も多々あります。また、現地住民であっても、大学を卒業してからなかなか職を見つける事ができないというケースも多々あるため、日本人がどのような仕事に就く事が多いのかを事前に知っておくといいでしょう。

まず、この国で働く場合に大きなネックになってくるのが言語です。そして、英語をどの程度話す事ができるのかによって、就く事ができる仕事の種類が異なってきます。もし、あまり英語が得意でない場合には、ほとんどの人は個人宅の家政婦として働く人が多く、この仕事はあまり会話を必要としない事と、細やかな気遣いがある日本の人の人気は高いため、優先的に雇ってくれるような場所が多くなっています。普通レベルの会話をこなす事ができる場合であれば、レストランに就職している人が多いです。特に、SOHO地区には多くの日本料理レストランがある事から、優先的に雇ってくれる場所が多く、全体的に日本のスタッフが多い傾向があります。また、ビジネスレベルの英会話力がある場合には、サービス系の職の中でも、HISなどの日系旅行会社の中で働く人が多く、その他にも、空港の中の誘導員や、ツアーバスの現地観光ガイドとして活躍している人も多くいます。