イギリスで大学卒業後に、日本人はどんな仕事に就いているか

今の日本で大学院に進む場合には、海外で学位を取得する人が少しずつ増えてきていますが、将来的に海外で仕事をする事を考えているのであれば、現地の大学で学位を取得する事が、語学テストなどの書類の面でも有利に働く場合があります。そして、英国で働きたいのであれば、イギリス大学院に留学をすると卒業後に就職がしやすくなるでしょう。英国で働く日本人は、どのような職業に就く事が多いのでしょうか。

英国の中でもロンドンには、数多くの外資系の企業がある他、ヨーロッパの中でもフランスやドイツと並んで力を持つ国の一つと言えます。そのため、仕事を探す場合でも製造業や貿易業などの色々な職がありますが、やはりメインとなっているのはサービス業のジャンルです。そして、日本からの旅行者も多い事から、観光業をメインとして多くの日本人を雇っている企業があります。

特に、オンライン上でのホテル予約を行っているbooking.comなどの企業は、日本語と英語を話す事ができるスタッフを多く募集しており、ここで働いている日本人も多くいます。また、ウェブデザインの企業などでは日本人の技術者を積極的に受け入れる傾向にあるので、ウェブサイトの開発などのクリエイティブ関連を仕事としている日本人も多いです。その次には、個人でレストランを経営していたり、チェーンレストラン内での経営に携わる人など食に関する職業に就く人も、貿易や製造関連の技術者に並んで多くなっています。